内臓 お腹 の 脂肪 薬 サプリ ランキング 皮下 脂肪 落とす サプリ 薬 の 選ぶ ポイント

内臓 お腹 の 脂肪 薬 サプリ 皮下 脂肪 落とす サプリ 薬 の 選ぶ ポイント

内臓 お腹の 脂肪 を 落とす サプリ や 薬を 選ぶポイントとは??

内臓 やお腹についた脂肪をどうにかしたい!

と思った時に選ぶべきお薬やサプリには
ポイントがあります。

最近では、内臓脂肪やお腹の脂肪に有効!

と注目されている成分が主に2つあります。

・防風通聖散
・葛の花イソフラボン

という2つの成分が注目を集めています。

1、防風通聖散とは??

防風通聖散は漢方薬で、肥満の治療にも
使われたりしています。

お腹周りに脂肪を貯めやすい人は
水分や脂質などの排出が苦手な体質で
溜め込みやすい体質と考えられています。

その体質から改善してくれる漢方薬として
近年注目されているのが防風通聖散なんです。

メリットとしては、お薬なので効果効能が
検証されている点。

デメリットとしては、お薬なので
副作用があるところ。

特に防風通聖散は便秘薬としても
処方されたりもしています。

なので普段からお腹がゆるい体質の人には
下剤のようになって向きません。

逆に言えば、便秘症状がある人にはぴったり。

なので、体質からしっかり改善したい!
って方に防風通聖散はオススメです。

2、葛の花イソフラボンとは??

最近、注目を集める新しい成分!

葛の花イソフラボンと聞いても

何それ??

って方も多いかもしれません。

最近、発見された新しい成分で
葛根湯などでおなじみの葛の花の部分に
内臓脂肪に有効な成分があることが
最近の研究でわかってきたんです。

医薬品ではないですが、機能性表示食品と
いって販売者が研究して効果効能を検証した
サプリメントなんですよね。

なので、通常のサプリメントよりも
信頼性が高いのが特徴なんです。

・体質から改善して本気で取り組みたい人は防風通聖散
・気軽に始めたい人には葛の花イソフラボンサプリ

を選ぶのがオススメです!

 

内臓脂肪 が 気になる方に おすすめ サプリメント 薬ランキング

1位 生漢煎(防風通聖散)

肥満の分野で注目の漢方薬!

肥満治療でも使われている漢方薬として
最近注目を集めているのが、この
防風通聖散という漢方薬なんです。

防風通聖散の中でも、満量処方
といって有効成分が豊富なのが
この漢方薬の魅力。

医薬品になりますが通販でも
買えるタイプが
この生漢煎なんです。

通販で買えるものの多くは半分量の
有効成分のものが多いので
優秀なんですよね。

もともと肥満の方の治療にも
使われる漢方薬なので、ダイエット
目的の方にはすっごく相性がいい
漢方薬なんです。

初回限定で半額で購入できます!

>>防風通聖散の詳細を確認する! 

2位 漢生爽楽(防風通聖散)

遺伝子検査で効率的にダイエット可能!

こちらも、注目の漢方薬である
防風通聖散を使った医薬品。

生漢煎との一番の違いは、

遺伝子検査が付いているかどうか??

どうしても内臓脂肪やお腹周りの脂肪を
対策する上では生活習慣の改善は欠かせません。

その参考になるのが、この
遺伝子検査なんですよね。

人それぞれ体質が違います。

体質に合わないことを頑張っても
頑張っている割にうまく行かない

ってことになりかねないんですよね。

その体質をしっかり遺伝子検査で
調べることで自分の体質にあった
ダイエット方法を選ぶ事ができるんです。

だから、無駄がないんですよね。

本気で生活習慣から改善して行きたい!

と言う方に選ばれています!

>>遺伝子検査の詳細を確認する! 

3位 シボヘール


葛の花イソフラボン配合のサプリメント!

最新の葛の花イソフラボン配合の
サプリがこのシボヘール。

通販で有名なハーブ健康本舗の
葛の花イソフラボンサプリが
このシボヘールなんです。

けっこう、テレビや新聞などでも
宣伝している会社なんですよね。

もりもりスリムというスッキリ茶が有名。

医薬品はちょっと抵抗があって、もっと
お気軽に始めたい!

って方に葛の花イソフラボン配合の
シボヘールはおすすめですよ!

>>シボヘールの詳細を確認する! 

効率よく内臓脂肪やお腹の脂肪を減らす食習慣、NG習慣とは?

内臓脂肪やお腹の脂肪を減らす上で
食習慣を改善することは欠かせません。

理想はお薬やサプリだけで改善できれば
いいのですが、それだけでは難しいのが
現状なんですよね。

ただ、ちょっとポイントを抑えるだけでも
今までよりも効率的に取り組むことができるんです!

食事で気にするべきはカロリーよりもGI値

カロリーよりもGI値を意識する!

ダイエットなどの食習慣を変えるときに
多くの人がカロリーを意識しますよね。

ただ、本当に注意しないといけないのは
GI値なんですよね。

食事をした後に血糖値がどのくらい
変化するかを表現している指標なんです。

カロリーよりも食べるもののGI値を
意識した方がダイエットがうまくいくことは
あまり知られてないんですよね。

GI値が高いものの代表的なものが
白米や小麦などの主食。

カロリーが高いからダメ!

と考えられがちですが、本当に問題なのは
GI値が高いことなんです。

GI値が高いものを食べると、

血糖値が急激に上がる

膵臓がインシュリンを分泌して血糖値を下げる

血糖値が急激に下がる

お腹が空く

といった流れになっています。

血糖値を下げるために血液中の糖を
インシュリンが脂肪に変えているんですよね。

血糖値が急激に上昇、降下することで
脂肪は蓄積するし、お腹は空くし
いいことがないのです。

だから、これをGI値の低い玄米にしたり
全粒粉にしたりするだけでも、血糖値の
急激な変化を防げるので空腹感も全く
違ってくるんですよね。

GI値を意識した食生活ををするだけで
今まで悩んでいた空腹感も改善することが
できて一石二鳥なんです!

研究でも注目!防風通聖散の食欲抑制効果とは??

横浜市立大学医学部が発表した
衝撃的な事実とは??

食欲も自分の意思が弱いから食べてしまってる!

と思いがちですが、実際には食後の
血糖値だったりホルモンが
影響していることがわかってきています。

食欲は2つのホルモンのバランスで
成り立っていると言われています。

それが、グリシンとレプチン
というホルモン。

・グリシン→食欲増進ホルモン
・レプチン→食欲抑制ホルモン

この2つがバランスをとって
食欲をコントロールすると言われています。

これらの食欲増進の原因になる
グリシンといかにうまく付き合うかが
重要になってくるのです。

そんな中で横浜市立大学医学部の研究で
防風通聖散がこのグリシンを抑制する
効果があることがわかってきたのです。

参考

>>横浜市立大学医学部の研究発表

 

だからこそ、防風通聖散が内臓脂肪が
気になる方には相性がいいのです。

・グリシンの抑制
・排出のサポート

との相乗効果が期待できるので肥満の
治療にも使われているのです。

だからこそ、体質から内臓脂肪対策を
したいって方に漢方の防風通聖散は
絶大な支持を集めているのです。

そんな防風通聖散の恩恵を十分に受けるためにも
満量処方の防風通聖散を選ぶのが
ポイントなんですよね。

その点で、防風通聖散の中でも生漢煎が
断然オススメなのはこのためなんです!

>>防風通聖散の詳細を確認する!